年を取ると白髪染めが必要になる原因

image

白髪の原因は、髪を黒く色づけるメラニンが不足することです。
もともと髪の毛は白い色で生えてくるので、メラニンが不足すると十分な色付ができなくなって白髪になってしまいます。30代後半から現れる白髪はたいてい加齢によるもので、メラニンを生成するメラノサイトという色素細胞の働きが衰えることがその原因です。白髪は遺伝するといわれますが、それはメラニン色素が髪の毛に色を付けにくい体質が遺伝するためだと考えられています。
髪が染まりにくいわけではないので、白髪染めを使うことによって髪色を補うことは可能です。

その他、白髪の原因としてはストレスも有名です。
これは、ストレスを感じることによって頭皮の血管が収縮し、メラノサイトの活動を妨げることが原因です。そのため、ストレスの多い生活をしていると徐々に白髪が増えることは考えられますが、何かのショックで一夜にして髪が真っ白になる、ということはあり得ません。

また、生活習慣が原因で白髪になることもあります。不規則な食生活や睡眠不足が続くと、頭皮に十分な栄養が行きわたりません。
頭皮の栄養不足は、メラノサイトの衰えやメラニンの生成不良により、白髪になりやすくなるのです。
さらに、タバコや紫外線などによって体内に増える活性酸素も白髪にはよくありませんから、白髪を予防するためには、規則正しい習慣や、十分な栄養、活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分を摂取するなど、健康的な生活を心がけましょう。


正しい白髪染めの知識を身につけよう!

出来てしまった白髪染めはやはり染めるしかありません。
髪が傷むから・・とそのままにしておく人もいますが、これではやはり見た目の印象はかなり老けてしまいます。

今は、髪の傷まない白髪染めも多く発売になっていますので、「白髪染め=髪が傷む」ということはありません。トリートメント効果が高く、白髪染めをした方が髪がツヤツヤになるタイプのものもあります。

ただし、間違った方法で染めたり、髪に多大なダメージを与える白髪染めを選んでしまうとやはり大きな後悔をすることになります。
白髪世代の髪の毛はダメージに弱いのです。

当サイトでは正しい白髪染めの知識を解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。きれいな髪をいつまでも!

おすすめの白髪染めはこちらのサイトで紹介しています。
髪の痛まない「白髪染めシャンプー」や「白髪染めトリートメント」を多数紹介しています。⇒白髪染めシャンプーの紹介
特におすすめなのは白髪染めトリートメントです。使う度に髪がツヤツヤになっていくので白髪世代には嬉しいヘアカラーです。