部分タイプの白髪染め

image

白髪染めは、好きな髪色に白髪を染めることができて便利ですが、気になるのは髪が伸びるにつれて目立ち始める根元の白髪です。
せっかくきれいに白髪を染めていても、根本の白髪が増えてくると、一気に老けた印象になります。
特に毛染めタイプの白髪染めを使っている場合は、頻繁に染めるとお金がかかる上に髪も傷みやすくなるので一定の間隔をあけるのが基本ですが、染めて1~2ヶ月するとどうしても根元の白髪が目立つようになるのです。

そこで便利なのが、部分タイプの白髪染め。根本や生え際の気になる白髪だけを染めることで、全体の髪色をバランスよくキープします。
白髪の部分以外には染料をつけないので、髪の傷みも最小限に抑えることができるなど、髪の健康が気になる人にも最適です。染料も少量で済むので、経済的な負担が小さいのもメリットでしょう。数カ月おきに全体を染めて、その間は部分染めで根本だけをカバーするという人も少なくありません。

部分タイプの白髪染めにはいろいろなタイプがあるので、使い勝手の良いものを選ぶのがおすすめです。
しっかり染めるタイプのものであれば、塗って洗い流すのは毛染めと同じなので、塗りやすいようにブラシ状になっているなど形状を工夫したものが便利でしょう。
また、お出かけ前に塗るだけで白髪が隠せる白髪染めマスカラもあります。
シャンプーで落ちるタイプや、カラートリーメントのように使うたびに髪が染まっていくものなど、種類は豊富で、形状もマスカラ状のものや刷毛になったものなどさまざま。部分染めでもカラーバリエーションがあるものも多いので、髪色に合わせて選ぶこともできます。