白髪染めの選び方

image

白髪染めを選ぶときの基準は人それぞれですが、まず大切なのは体質に合ったものを選ぶことです。
人によっては肌に触れた白髪染めの液で、炎症を起こしたり、かぶれたりすることもあるので、敏感肌の人は特に注意したほうが良いでしょう。
天然素材を使ったもののほうが肌に優しいので、心配な人は素材をチェックしながら選ぶようにします。

自宅で染める場合には、使い勝手の良さも外せないポイントです。
白髪染めは薬剤を髪に塗布してしばらく置いて洗い流す、というのが基本的な使い方ですが、その中でも手を使わずに容器から直接クシで塗れるようになったものや、肌についても洗い流しやすいものなど、手軽に使える物が便利かもしれません。
薬剤が泡になったものやジェル状のもの、液状のものなどで使い勝手もかなり違うので、自分の使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

また、とにかくしっかり白髪を染めたいという人もいれば、髪を傷めずに優しく染めたいという人もいるでしょう。
一般的にはヘアマニキュアよりも白髪染めのほうがよく染まりますが、髪に優しいのはヘアマニキュアです。パーマをかけている場合などは、特に髪が傷むのが嫌だからという理由でヘアマニキュアを選ぶ人も少なくありません。
また、最近は自然に髪色をカバーしたいという人を中心に、カラートリートメントも使う人も増えています。
年を取るについて白髪が増えるだけではなく、髪のコシやボリュームも少なくなってくるので、ケアをしながら白髪を染められるものもおすすめです。