白髪染めをする前に準備しておこう

image

白髪染めをするときには、事前に必要なものを準備しておくことが大切です。
手伝ってくれる人がいる状態であれば良いのですが、一人で染める場合は両手に染料などがついていると、ちょっと物を取りに行くのも大変です。また、髪からポタポタ液が垂れる状態でウロウロすると、床がシミだらけになってしまいます。慌てて染めムラを作らないためにも、必要なものは準備しておくようにしましょう。

まず、床には液だれしてもいいように新聞紙を引き、鏡やヘアクリップ、クシなど、毛束を分けてムラなく染料を付けるのに必要なものは揃えておきます。
服装は、汚れてもよい前開きの服を着ておきましょう。よくある失敗が、きれいに染料を塗って、じっくり放置して、さあシャワーで洗い流そうと思ったら被りの服で汚さずに脱げない、というケースです。
さらに、ケープや手袋などで服や手をカバーして、汚さないように注意しましょう。手袋は白髪染めに同梱されているものも多いですし、なければ100均のもので十分です。染料が垂れた時のために、ティッシュペーパーなども手元に置いておくと安心です。

染料が付着して肌が染まってしまうことを防ぐためには、耳や額の生え際など染料が付きやすいところにクリームなどを塗っておくといいでしょう。
また、染料によるアレルギーを防ぐために、前日にパッチテストをしておくことも忘れずに。
染料が肌についた場合、白髪染めであればクレンジングで乳化してから洗い流せばきれいに落ちますが、ヘアマニキュアは落ちにくいので肌に付けないように特に注意しましょう。