ヘアマニキュアで白髪染め

image

白髪染めには毛染めタイプの他に、ヘアマニキュアタイプのものあります。
ヘアマニキュアは毛染めタイプのものと違い、髪の表面に染料をコーティングするのが特徴。そのため、キューティクルを損なうことなく染めることができ、むしろコーティングすることでトリートメント効果があるため髪がツルツルになるのもメリットでしょう。

髪に優しいのが魅力のヘアマニキュアですが、髪の毛を染める力ではどうしても毛染めには劣ります。白髪を完全に染めるほどの染毛力がないため、染めても元が白髪と白髪でない髪では微妙に色が違ったり、白髪独特のキラキラが残ったりするのが気になるという人もいます。また、髪をコーティングしている染料はシャンプーするたびに少しずつ落ちてしまうので、3週間程度で染め直す必要があるのもデメリット。
とはいえ、髪を傷めるわけではありませんし、仕上がりも自然なのでトリートメント感覚で頻繁に染めるという人が大半です。
おしゃれ用ではなく、白髪染め用のヘアマニキュアのほうが、白髪は染まりやすくなります。

染める方法としては、毛染めとあまり違いはありませんが、毛染めのように1液と2液を混ぜたりする必要はありませんし、毛染め特有のツンとした臭いもないので、自宅でも気軽に使うことができます。ただし、シャンプーの後に多少の色落ちはありますので、染めてからしばらくは色がついてもよいタオルを使うなどしたほうがいいでしょう。
色落ちの程度はメーカーや髪質によって異なりますので、自分の髪に合ったマニキュアを探してみてください。